情報量・操作性を強化しました!

入札情報や落札情報を大幅な拡充を進めております。
レイアウトが変更され情報量だけでなく、操作性も格段に向上しました。

落札情報(2017年~)

入札王では、落札情報の取得対象範囲を拡大して、地方自治体につきましては、都道府県庁、政令指定都市、東京都区市町村に加えて、全国の自治体を登録対象にすることに致しました。
それに伴いまして、2017年1月17日から先行して落札情報を公開致します。
※ただし、現在は一部の自治体を除きます。2017年度中に全ての自治体に対応予定です。

操作方法(2017年4月~)

より簡単に、わかりやすくレイアウトを変更及び新機能を追加いたしました。

新しく追加した機能、項目は以下の通りです。

【入札情報検索、新着メール配信】

  1. 入札情報検索画面と新着メール配信設定画面が一つになりました。
    ・入札情報検索と新着メール配信が一回の操作で設定が可能となりました。
    ・既存のお客様の設定につきましては、これまで通り配信されますので設定の変更は不要です。
  2. 検索キーワード数が増えました。
    ・1度に設定できるキーワード数が増えました。
    OR検索  2個 → 20個
    AND検索 2個 → 6個
    NOT検索 1個 → 20個
  3. 入札種別が、「競争・公募」「指名」「随意」の3種となりました。
    ・これまで競争性のある一般競争入札、企画公募型の案件を収集対象としておりましたが、4月より指名競争入札、随意契約の案件も収集対象としました。
    ・一般競争入札、企画公募型は「競争・公募」へまとめ、新たに「指名」、「随意」を追加しました。
    ・既存のお客様の設定につきましては、「指名」、「随意」も検索、配信対象として設定しております。不要な場合はご連絡ください。
  4. 資格ランクが追加されました。
    ・資格ランク(A~E)が追加されました。
    ・既存のお客様につきましては、すべてのランクを検索、配信対象として設定いたしております。不要なランクがあればご連絡ください。
  5. メールアドレスの登録数が増えました。
    ・メールアドレスを、1度に99アドレスまで設定できます。
  6. 半年以上前の入札案件が閲覧可能になりました。
    ・これまでは6ヶ月前までの入札情報しか検索できませんが、最大で2010年まで遡って検索できるようになりました(ただし、1回で検索できる期間は1年分
    となります)。
  7. 入札情報の項目に「入札日」が追加されました。
    ・「入札日」が追加されましたので、スケジュール管理や絞り込みに活用頂けます。
  8. 入札案件の詳細ページから、仕様書等の添付ファイルが閲覧可能となりました(一部の発注機関が対象)。
    ・入札情報検索の検索結果ページから仕様書等の添付ファイルのダウンロードが可能になるため、案件の詳細をワンクリックで確認できるようになりました。

【落札情報検索】

  1. 落札情報検索の収集対象に、全国の市区町村が追加されました。
    ・これまでの収集対象は中央省庁、外郭団体(独立行政法人)、都道府県庁、政令指定都市、東京23区市町村までとなっておりましたが、全国の市区町村が追加されました。
    ・情報量が大幅に拡充され、より多角的な分析が可能となります。
  2. 検索キーワード数が増えました。
    ・設定できるキーワード数が増えました。
    OR検索   2個 → 20個
    AND検索  2個 → 6個
    NOT検索  1個 → 20個
    会社名検索 1個 → 5個
日本の企業を応援します!
入札王は入札情報や落札情報だけではなく、官公庁・自治体・財団等から公示される助成金・補助金情報も収集しております。

入札王は下記の情報を閲覧できます
入札情報
落札情報
助成金情報
補助金情報

PAGE TOP